ハラペーニョ

ハラペーニョの商品紹介

ハラペーニョの特徴

ハラペーニョ

「ハラペーニョ」は、メキシコ原産の生食用青トウガラシで、本場ではピクルスやサルサソースが定番で食されています。

辛いものが好きな方におすすめです!

 

一言で表現するならずばり「辛い肉厚のピーマン」です!!

園主自身もそうなのですが、「辛いもの好き」と「ピーマン好き」の両方の欲を満たしてくれるマニアックながら名野菜なんです。見た目が可愛いのも魅力の一つ。

まずネットでしか見かけないくらい、ほぼ市場には出回っていないようです。

 

ハラペーニョ、鷹の爪、ハバネロ

 

一般的な辛さの値でおよそ2500〜8000スコヴィル、鷹の爪の約1/5、ハバネロの約1/10の辛さ値なのでトウガラシの中では比較的マイルドと言われていますが、実際に食べてみると口の中がビリビリくるほどの辛さがあります(個体差・個人差あり)。

見た目・食味はピーマンに似ていますが、一般的なピーマンより肉厚の果肉で生ではパリッと良い歯応えがあり、加熱するとトロッと柔らかくジューシーになります。独特の清涼感のある辛味と香りです。

外皮に現れるヒビは充分に熟してきたという印です。

 

ハラペーニョの利用方法

ハラペーニョ ピクルス

とにかく1番のおすすめはピクルス!!

当園でも自家製ピクルスを作って食べていますが、やみつきになること請け合いです。ぜひお試し頂きたい!

作っておけば多少保存も効きますし、カレーライスや肉料理の付け合わせ、テイクアウトのピザにトッピング、サラダに和えて、お酒のつまみに…などなど様々なシーンで活躍します!

 

その他には「辛い肉厚のピーマン」としてどんな料理にも使えます。

食感を活かすなら生でバリッと食べるような利用方法がおすすめです!

生でスライスして、カレーや味噌汁にトッピングしてもいいアクセントになります。

また、オイル漬け、サルサソース、青椒肉絲、肉詰め、油で炒めてハラペーニョラー油にしたり…いろいろな料理に利用できます。

ハラペーニョ取扱いのポイント

強い辛味成分がありますので一般的なトウガラシと同様、調理時の取扱いには注意が必要です。

調理時には手袋着用をおすすめします。ハラペーニョを触った手で顔に触れたりしないようご注意ください。

また、切ったハラペーニョを強い流水で洗うと辛味成分が飛散して大変ですのでご注意ください。

辛味成分は特にワタやタネに多く含まれますので、取り除くと辛さが和らぎます。

 

ハラペーニョの商品情報

商品規格について

等級 秀品
入り数 1kgあたり約20〜30本
出荷時期によっては赤く熟した個体が含まれることもあります。

メニュー・価格表

サイズ 金額(税込)
1kg 価格未定
2kg 価格未定
4kg
価格未定

発送時期

8~9月末を予定しております。

注文受付期間

7月中旬〜8月末まで承っております。